ニチレイと、小川軒について

ニチレイのオンラインショップにて販売されているものがあります。それは特選グルメの「家シェフシリーズ」です。今回は、それに登場する老舗、東京お茶の水にある「小川軒」の紹介になります。『小川軒』吟味した素材を使って丁寧な仕事で洋食を追求し続けている洋風レストランになります。

明治38年に初代の小川鉄五郎氏がオープンしたレストランになります。※創業明治38年の老舗です。当時のメニューには、シチュー、ビフテキ、コロッケ、煮込みかつを素朴なレシピで作っていました。例えば、明治時代の文豪、ジョン・レノン、渥美清などそんな多くの有名人に「小川軒」は愛されていたと言えます。(笑顔)。現在は、東京のお茶の水で3代目の小川シェフが伝統の味を守っています。そして新しい感性をプラスし現代の洋食を追求し続けていっています。(笑顔)店の顔のデミグラスソースを使い多くの魅力ある味を作り出しています。(笑顔)小川シェフは、確かな腕をもっています。

そして、多くの人に家庭で「小川軒」の味を食してもらうことが出来るようになりました。「小川軒」がニチレイとコラボしてお届けする料理は、いかの食べ物があります。「ハンバーグステーキ」「ハヤシビーフソース」「デミグラスカレー」『ハンバーグステーキ』※冷凍商品で1個入りです。※税込み価格598円です。沸騰したお湯の中へ入れて温めます。それから食べます。※1個あたりのカロリーが266kcalになっています。

ジューシーな肉汁が出てくる絶品ハンバーグになっています。『デミグラスカレー』※冷凍商品で1個入りです。※税込み価格598円です。※1個あたりのカロリーが312kcalになります。電子レンジで温めるか、沸騰したお湯の中へ入れてから食べるようになります。またカレーとデミグラスソースが絶妙なコラボレーションとなっています。(笑顔)

『ハヤシビーフソース』※冷凍商品で1個入りです。※税込み価格598円になります。※電子レンジで温めるか、沸騰したお湯の中へ入れてから食べるかになります。素材のうま味が溶け込んでいるデミグラスソースとなっています。(笑顔)洋食屋の看板メニューになります。